自毛植毛をした体験談

髪の毛の薄さが気になりクリニックのカウンセリングへ

植毛 : 植毛なんでも相談

私は20代の後半くらいから、だんだんと髪の毛の薄さが気になるようになりました。
当時、仕事が忙しくて不規則な食生活をしていたことが原因と考えられます。
また、私の父も頭髪が薄いことから遺伝の影響もあったのだと思います。
最初のうちは髪の毛の分け目を変えるなどして、なんとかごまかすことができました。
しかし、30代になってくると抜け毛も一気に増えて、頭頂部の薄さが目立つようになってしまったのです。
このままでは会社の同僚に気づかれて恥ずかしい思いをすることになると危機感を覚えるようになりました。
それで、育毛用のシャンプーに変えたり、頭皮の血行を良くするためにマッサージをしたりしたのですが、全く効果がありませんでした。
このままでは本当に大変だと考えるようになった時に、ネットで植毛を知ったのです。
藁にもすがる思いで、すぐに頭皮専門のクリニックにカウンセリングに伺いました。
先生の話によれば、私の場合、頭頂部が薄いので自毛植毛を勧められました。
これは、自身の後頭部の毛根を頭頂部に移植する施術方法ということです。
そもそも薄毛はAGAというホルモンの作用で起こりますが、主に前頭部と頭頂部が影響を受けるそうです。
そのため、後頭部はAGAの影響を受けにくく、移植した毛根が頭頂部に定着すれば元々生えている髪と同様に成長すると聞きました。

髪の毛の薄さが気になりクリニックのカウンセリングへ説明を受け安心して自毛植毛の施術を受ける施術後は髪の毛が伸びてきて人生が180度変わった